スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
凍頂烏龍茶
■先日、神戸で買ってきた凍頂烏龍茶を、いただきました…


凍頂烏龍茶は、台湾産。





img_1527828_5652145_0.jpg


img_1527828_5652145_1.jpg

img_1527828_5652145_2.jpg

img_1527828_5652145_3.jpg

img_1527828_5652145_4.jpg

img_1527828_5652145_5.jpg


今日は、和漢折衷のお茶道具で。
茶海は蕎麦つゆ用の白粉の陶器、
茶壺の下は青磁の菓子皿です。
茶葉を暖めるため、洗茶(お湯を注いだらすぐすてて、
再びお湯を注いだら、3分蒸らします、
そのとき茶壺の上から先ほどの洗ったお湯を
保温のためにかけます。(そのために受け皿)
3 分後、茶海に最後の一滴まで出し切ります。
このあと、1回ごとに30秒ずつ時間を増やして
5回以上楽しめます。
色はほんのりみどりがかった黄色。
香りはキンモクセイのようなすがすがしい香り。
味は釜煎りせん茶から苦みをとった
すっきりとしたさわやかな味。
ほんのりと甘み。


この記事は、旧ブログからの引っ越し記事です。
続きを読む
スポンサーサイト
2006-05-23 14:58 | 旧喫茶去Wie geht es Ihnen? | Comment(0) | Trackback(0)
菊花八宝茶
img_1527828_4776344_0.jpg

菊花やハーブが沢山入っているので、

さぞや薬湯の様なものを想像された方いませんか?

でも、全くそんな心配はいりません。

香りはすがすがしく、ほんのり甘い香り。

マイルドなジャスミンティーといった感じで、

すっきりとした口当たり、のどごしともにマイルド。

白木耳、菊花が花のように開らいて見目も美しい。

さらに、具もおいしくいただけるとあって、

大変高価なお茶ですが、一回分で500mlは楽しめますので、

スタバのコーヒーを飲みに行ったよりは

価値があると思います。



img_1527828_4776344_1.jpg


袋の中は…菊花>山査子>竜眼>クコ>緑茶>白干葡萄>白木耳(銀耳)
>冬棗>氷砂糖、など中華ハーブのパレードみたいなお茶です。
img_1527828_4776344_2.jpg

お湯を注いだところ。いっせいに浮いてくるので、それが沈んだら
(3.4分)のみごろです。砂糖がのこってたらかるく混ぜてください。


img_1527828_4776344_3.jpg


 一回目は、お茶だけ頂ます。香りを楽しんでください。


img_1527828_4776344_4.jpg


一回目が残り1/3になったら、お湯をたしてもとの量にします。これでまた同じ濃度で楽しめます。
お茶請けは、ひまわりの種、かぼちゃの種、アーモンドなどナッツをあてました。

二回目では、お茶の中の白木耳やクコなどもいっしょにいただきましょう。
2006-05-13 15:48 | 料理 | Comment(0) | Trackback(0)
05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--