スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
Birnenkuchen
TS362038.jpg


Birnenkuchen   ビルネンクーヘン


先日のビーフと洋なしの煮込みのところで、

テーブルにのってた洋なしでお菓子を作りました。

洋なしのタルト風です。

ドイツのお菓子でタルトというと

スポンジの間にたっぷりクリームや

フルーツが挟まった物というかんじで

タルト皿の上にフルーツが盛ってある感じの

日本の物とはイメージが違うようです。

四国の郷土菓子にタルトという和菓子がありますが

むしろスポンジに餡が沢山入っていると言う点では

近いかも知れません。

で、私のは間に梨を挟んでいますが、

上にも載せているので、タルト風(笑


TS362027.jpg


こんな感じで、普通にBirnenkuchenを焼いたケーキを

タルト皿に見立てて、梨のを上に飾り、

ワインゼリーでコートしてあります。

一度普通にケーキにしているので、

焼いた梨が一層間にはいるわけです。

この梨の香りと味が生地にしみこんで

メロンのような香りと味が楽しめます。

生地はなめらかなカスタード生地です。

通常ピスタチオがのっているのですが、

あり合わせに南瓜の種のローストを載せてあります。

あれば是非ピスタチオで。

今日戴いたお茶は

ラプサンスーチョン

松葉を焼いた煙で燻してあるので

スモーキーで刺激的なお茶です。

アールグレーティーの親分みたいな感じでしょうか?

繊細な梨の味にはコーヒーよりぴったりだと思いますが

いかがでしょうか・・・





スポンサーサイト
2007-11-27 01:58 | 料理 | Comment(2) | Trackback(0)
Beef with pears in wine
TS36202548.jpg


Beef with pears in wine

牛肉と洋なしの赤ワイン煮

ほろっと柔らかくなった牛肉と洋なしの風味が、

ほっとする素朴な秋の料理です。

私が英国料理の料理本を片手に初めて挑戦した

英国料理で、毎年秋になると1度は作ります。


脛やテールなどの固い部位の肉を何時間もかけて煮るのは

時間がかかるので、バラ肉を使ってみました。

温野菜のサラダとやや渋みの赤ワインなど合わせてみたら

いいかもしれません。






続きを読む
2007-11-26 01:41 | 料理 | Comment(0) | Trackback(0)
Schweinebraten
TS362006.jpg


Schweinebraten
シュバイネブラーテンの黒ビールソース、クニューデル添えです。
アイスバインが北部ドイツのポークの代表なら、
南ドイツは見た目焼き豚なシュバイネブラーテンできまりですね。

あっさり系のアイスバインに対して、

濃厚な焼き豚の感じがします。

塩漬けの保存用の豚肉を沢山焼いておいて(これも保存ですね)、切り分けてソースで温めて供する、質実な一品です。

見た目は悪いですが、

ぱりっと焼けた表面と、柔らかくてジューシーな

内側はお肉の風味が充満しています。

ソースとからめてたべたら、たまりません、

また作りたくなる味です。

家庭のオーブンで焼くなら、1Kg?1.5Kgを焼いて

切り分けていろんなソースや、サンドウイッチの具にして

戴くと、一回の手間で簡単にいろんな味が楽しめます。

            

            作り方はこちら
続きを読む
2007-11-19 14:44 | 料理 | Comment(3) | Trackback(0)
鶏ローストのカラントソース風
TS361996.jpg


鶏ローストのカラントソース風

ホントはシビエなどにあわあせるソースだと思いますが、
私の場合簡単に手に入りませんので、鶏で雰囲気だけ
楽しみました。

鳥なら、鴨やウズラとかが良いのかも知れません。
イノシシでホントは作ってみたかったのですけどね(笑

甘酸っぱくて、不思議な風味なのに美味しいです。

鶏の風味が活きていて、してやったりの感じでした。

続きを読む
2007-11-17 02:02 | 料理 | Comment(2) | Trackback(0)
サンマのマリネ
TS361872-1.jpg


サンマのマリネ。


今年は例年になくサンマが三陸沖とかで
まだ沢山取れるみたいで、
とっても安くなっていますよね!

値上げの昨今嬉しい限りです。

そこで、保存食にするために多めに購入したサンマを、
オランダ料理のニシンのマリネみたいな感じで作ってみました。

オランダでは、小ぶりのニシンを指でつまんで、
顔を上に上げて、大きな口あけて、あんぐり食べるシーンが
見られるようですが、さすがにサンマでは大きすぎて無理ですね。

作り方。
続きを読む
2007-11-13 21:12 | 料理 | Comment(2) | Trackback(0)
チヂミ
TS361856-2.jpg

チヂミ(지짐이)は釜山のある慶尚道方言で、普通にはプチムゲと言うようです。

韓国風お好み焼きとよく言われますが、私の印象としてはむしろかき揚げ天ぷら

に近い感じですね。

こつは、野菜をこれでもか?と一杯入れて、粉はかき揚げのように

ほんの少しつなぎの感じです。

フライパンにはたっぷりのごま油をいれて(ひいてでなく)

揚げるように、煮るように…かりっと仕上げるのが美味しいようです。

どちらかというと辛くて、肉類が多い韓国料理は

敬遠しがちな私ですが、このチジミは大好きです。
続きを読む
2007-11-11 23:24 | 料理 | Comment(2) | Trackback(0)
タコのピラフ
TS361855.jpg


タコのピラフ

キョフテにはタコのピラフなんていかがですか?

ギリシャ料理風に作ってみました。

 二人分

 米1カップ
 ゆでタコ 150g
 玉ねぎ 1/4個
 ニンニク 1かけ
 ピーマン(焼いた物) 1個分
 白ワイン 大さじ1
 醤油 小さじ1
 塩、胡椒 少々
 オリーブ油 大さじ1

 オリーブ油 でニンニクを炒めて、香りが出たら
 タマネギ、お米を炒めます。
 そのまま鍋にほかの材料をいれて、
 普通にご飯を炊きます。
 炊飯器でも良いと思いますが、
 お焦げがおいしいので、
 土鍋か厚手の鍋で作ると良いかも知れません。

あ、トルコとギリシャって仲が悪いんだった・・・
食べ合わせにならないかな?


 
続きを読む
2007-11-07 23:55 | 料理 | Comment(4) | Trackback(0)
キョフテ KOFTE
PAP_0522.jpg



キョフテ KOFTE
はトルコ風のハンバーグかつくねみたいな感じの料理です。
作り方はこちらを参考にしました。
http://www.asahi-net.or.jp/~qk5h-oosk/etilyemekler/tekirdagkoftesi.html

基本的にハンバーグなのですが、つなぎにパン粉でなく
本場では挽き割り小麦を使うのと、クミンという香辛料が
けっこうきいているのが特徴です。(あと羊の肉ですね、
回教の国ですから。)
で、クミンは手に入りやすいのですが、挽き割り小麦は
クスクスというトウモロコシの挽き割りをつかうか、
米粒のパスタをつかうか、このあたりになりそうです。

お肉は、ビーフとチキンを7:3で混ぜました。

基本的にグリルは網焼きの方が焦げ目が美味しいようです。
フライパンでも構わないと思います。

今日は、あまずっぱい赤ワインとラズベリーのソースをかけてみました。

金色のキイウイも良く合います。


ちょっと変わったハンバーグが食べたいときにいいですね。

2007-11-07 11:50 | 料理 | Comment(2) | Trackback(0)
Banana pudding
TS361849-360.jpg


Banana pudding

です。

形が壊れないように、スポンジの土台の上にプリン生地が
のっています。

バナナの香りとバニラビーンズの香りが立ち上る
熱々を食べるのもこの時期美味しい食べ方です。

もちろん冷やしても美味しいですよ。

ブランディーを入れたちょっと大人味の紅茶でどうぞ。






TS361845-360.jpg

2007-11-05 18:05 | 料理 | Comment(4) | Trackback(0)
11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--