オランジュタルト
TS362622480.jpg

Orange Tart オランジュタルト

ぷるぷるのオレンジに、生地がサクサクのタルトです。
甘酸っぱくて甘くて、サクサクも楽しめます。
使うのは、ミカンでもオレンジでもグレープフルーツでもなんでもOKw


TS362625480.jpg


ブルーベリーソースがとっても合います。

作り方↓
続きを読む
スポンサーサイト



2008-04-17 01:02 | 料理 | Comment(0) | Trackback(0)
アスパラガスのビスマルク風。
TS362620-480.jpg


アスパラガスのビスマルク風

ビスマルクと言うひとはよっぽどグルメだったのか、バウムクーヘンのビスマルク風だとか
いくつか料理に名前をのこしています。
日本だと、『サンマの蒲焼き伊藤博文風』とかになって、今ひとつぴんとこないですが、
ビスマルク風っていうとなんだかよさげにきこえます。

でも、お菓子ならチョコレートがけ、料理なら卵がのっている・・のがビスマルク風らしいので
やや拍子抜けですね。

で、今が旬のアスパラガス。

ピーラーで処理したら、フライパンを弱火で熱した中に、オリーブオイルとつぶしたニンニク一かけをいれて香りをだします。
そこにアスパラガスをいれてしんなりするまで炒めて、そこに
こんどは卵を割り入れ、お湯ほんの少しを足して蓋をして蒸し焼きに。

白身が固まってきたら、お皿に移して、チーズをのせ、さらにオーブンでシチーズに焦げ目がつくまで
焼きます。

焼き上がったら、塩こしょうとお好みでレモンバターをのせてもいいですよ。

私はトーストで半熟卵を崩しながら一緒に食べるのがお好みです。

トーストで余った食パンでパンプディングも作って、パワフルな朝食のできあがりです。

2008-04-14 00:55 | 料理 | Comment(0) | Trackback(0)
Rinderrouladen
TS362402.jpg


Rinderrouladenリンダールラーデン

ビーフでピクルス、玉ネギ、ベーコンを巻いて煮込んだ料理です。

ビーフでなくても、ポークでもチキンでも美味しくできます。

しのだまきみたいな物でしょうか・・

ピクルスとマスタードで、あっさりとした味わいの中にも肉のうまみがあり、ワインや

ビールが進みます。

写真はクヌーデルとザワークラウトの煮込みクミン風味です。

これだけで十分食事になります。
続きを読む
2008-04-10 00:27 | 料理 | Comment(2) | Trackback(0)
Milchreis

TS362392.jpg

Milchreis ミルヒライス


ミルヒライスは単粒種のお米で作るミルク味のスイーツです。

暖かくしても冷たくしても美味しいうえ、簡単なので
よくデザートにします。
私は、炊飯器のおかゆの設定でいつも作ります。




TS362393.jpg

カスタード

TS362395.jpg


チェリーとピスタチオ

TS362397.jpg


小豆あんといり胡麻

トッピングも替えて楽しめます。

続きを読む
2008-04-07 00:03 | 料理 | Comment(0) | Trackback(0)
コンビーフサンド
TS360712260.jpg


コンビーフサンド(鹹牛肉三文治)

コンビーフは缶詰よりも、ゼラチンで固めてあるドイツのソーセージ風のものが

作りやすいです。

厚めに切って、電子レンジで少し人肌程度に温めて(溶けないように)

マスタードを塗って、黒粒胡椒をかけて、ピクルスの薄切りと一緒にパンに挟んで

焼いただけです。

続きを読む
2008-04-05 20:42 | 料理 | Comment(0) | Trackback(0)
肉桂香薫西多士
TS362385.jpg


肉桂香薫西多士

西多士(サイトーシ)は広東語でフレンチトーストのこと。

専門店の飲茶やホテルで食べるアフタヌーンティーも良いけど、

茶餐庁(チャーツァンテーン)という街の軽食堂+喫茶店で食べるのも

中々良い物です。

普通に注文すると西多士は厚切りのトーストにピーナツバターを

塗りたくった物か、薄切りのパンに挟んだものが来ます。

お店によっては、薄切りのパンに潰したバナナとシナモンの場合があり

私はこれがお気に入り。

ピーナツバターがくどければ、黒ゴマのジャムや粒あんでもOK。

私の場合黒ごまジャムと粒あんを半々ぐらいが丁度良いのです。

お伴の飲み物は勿論、コンデンスミルク入りのミルクティーの「奶茶(ナイチャ)」です。

長方形の狭い店内で新聞を広げるおじさん、談笑するおばさんに紛れて

本を読みながら食べたものです。

真新しいファーストフード系におされてたのが

ガイドブック片手の外国人も増えてきたみたいで、

その店の名物として載っている物を注文しないと「おや?」

という顔をされるのが楽しみで、これを注文してたのもあったかな?



2008-04-05 19:11 | 料理 | Comment(2) | Trackback(0)
龍井茶と黒糖饅頭
PAP_0137-1.jpg


龍井茶と黒糖饅頭

以前街角で見つけた、小さな黒糖饅頭だけを売っているお店。

さっそく買ってきました。

小さいので罪悪感なく沢山食べてしまうのが玉に瑕ですが、

お店で作っている物を、すぐ買えるので風味がよくてまた食べたくなるのです。

お茶は龍井茶。

中国の緑茶は日本の緑茶のほとんどが蒸して発酵をとめる


(そのままにしていると勝手に発酵してしまう・・・嬉野のお茶は日本でも少ない釜煎り)

のとちがって、釜煎りして発酵を止めるので、独特の香ばしさがあります。

香ばしいといっても麦茶やほうじ茶のようにスモーキーな感じでなく

清澄な感じを損なっていないところが後味の良さにもなっていて、大好きです。

続きを読む
2008-04-04 16:22 | 料理 | Comment(0) | Trackback(0)
かき揚げ茶漬け 
PAP_0385.jpg


かき揚げ茶漬け 

ゴボウと三つ葉、小柱のかき揚げです。

ほうじ茶に塩を少し混ぜた物であっさりいただくのも良いですし、

鯛や蛤のお吸い物とスダチでも良い物です。(財布と相談で。。。)

お酒の席での〆で食べてからやみつきになって、自分でも作るようになりました。

さくっとした香ばしいゴボウが何とも言えないおいしさですよ。





2008-04-03 18:10 | 料理 | Comment(0) | Trackback(0)
炸素鱔絲 プロトタイプ
TS362382-1.jpg


炸素鱔絲 プロトタイプ


Fried "Fake Rice field eels " with soy sauce

I really enjoyed this meal as it is the first time that I could actually taste anything! I know this because I realised that I had added a little too much soy sauce it was a little salty.

鱔というのは、タウナギのことです。

鱚(キス)と漢字はにていますが・・・タウナギはかなりグロテスクなので

ここには載せないでおきます(笑

でタウナギの料理と言えば。

煮たもの、揚げた物

TS362390.jpg

Look like real Fried Rice field eels?
Thankfully, it is delicious whit rice.

がとても有名ですが、


煮たものは皮が固くて生焼けの鰻の皮みたいな感じなので

からっとサクサクに揚げた物の方が私は好きです。

で・・・当然中国ではポピュラーな食材なので

素食にもなっていて、素鱔糊、のように通常、分厚い干し椎茸の香、で作ります。

しかし・・・分厚い干し椎茸の香は、よいものになると

一個幾らの高級品・・・松茸並なので・・

例によって豆腐と山のイモ、ゴマ、蓮根の摺った物、

小麦粉(強力粉)と分厚い海苔で素食の魚の似せ者の偽物を作成・・・・


詳しくはここを・・・素食うなぎ

今回は海苔を分厚い高級品にし、片栗粉のかわりにグルテンの多い強力粉をつかって

白身の部分を弾力あるようにしてみました。

また焼いたあと素揚げにして、たれに絡めてあります。

干し椎茸より水分が多いので揚げても柔らかくで美味しかったです。

もう少し揚げてたらもっと本物の「似せ者」に近づいたかもしれません・・・

が、これはこれで本物の揚げ物と煮物の中間な味わいで良いと思いました。

ともかく材料費200円ほどで至福の味わいですのでとても満足でした。


2008-04-02 15:58 | 料理 | Comment(0) | Trackback(0)
04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--