スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
酢豚
foodpic252000.jpg

酢豚



火加減が決まると、野菜のシャキシャキ感がいいですよね。

あんを火にかけたら、化粧油を足して1?2分以上炒めるのが綺麗につややかに仕上げるコツです。

足す油はお好みの油で・・・。一人前大さじ半分を目安に。




スポンサーサイト
2010-03-12 08:38 | 料理 | Comment(0) | Trackback(0)
アップルチキン
img_cache_d_2390871_1_1270747154_jpg.jpg


ソテーしたチキンを、たっぷりのリンゴと炒めた刻みタマネギ、サイダー(りんごの発泡ワイン)で2時間近く煮込んだもの。


生クリームをたっぷり入れればチキンのノルマンディー風になるのでしょうが、ここはカロリー的に入れない方向で(笑

チキンの柔らかさは、舌に載せるだけでとけてしまいます。


2010-03-12 05:24 | 料理 | Comment(0) | Trackback(0)
グラーシュ Gulasch
foodpic216568.jpg

Gulasch

オーストリアでよく食べられる、牛肉の煮込み。
ハンガリー起源の農夫の料理『グヤーシュ』から。


1)玉葱大2個をスライス。
 オイル+バターであめ色になるまで弱火で炒めます。
 大振りにカットした牛もも肉400g(塩コショウをすり込み
 小麦粉を薄くはたいておきます)を一緒に炒める。



2)赤ワイン半カップ、
 材料にかぶるほどの水、
 ブイヨン、パプリカ大さじ1.5杯

 ベイリーフを加え(あればキャラウェイも)
 沸騰したら弱火で
 肉が柔らかくなるまで3.40分。

3)つぶしたにんにく1?2かけ。
  パプリカ、塩コショウなどで、調味。
  お好みで味を調節し。
  とろみがなければ水溶きスターチ小さじ2でとろみ付けます。

4)付け合せは、根菜類の温野菜で。
 一緒にかるく煮込んでも・・あとのせでサワークリームもいいです。

サラダは柑橘類の果汁で作ったドレッシングのサラダ。
2010-03-07 13:34 | 料理 | Comment(0) | Trackback(0)
パエージャ paella
foodpic207649.jpg
paella

foodpic207653.jpg

パエージャってフライパンの名前なので、
日本で鍋料理をなべと呼ぶのと一緒で、
中身が変わっていても「なべ」なのと同じで
パエージャで作ったお米の料理はパエージャ・・

 具はなんでもいいみたいです。

で、鴨の燻製の脂身をとったもの
  グリルしたパブリカとアスパラガス
  ゆでたほうれん草など。
続きを読む
2010-03-04 22:45 | 料理 | Comment(0) | Trackback(0)
03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--