スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
ティザン(tisane) グリューネミントテ
ST341614?3.1
グリューネミントテ

ティザンというと名探偵ポアロ氏が愛飲するハーブティとして有名ですね。

もともと麦茶のような麦を煎じた飲み物から転じてハーブティーの意味になったようです。

日本語の翻訳では薬湯・・とか書いてあるのでうへ・・という感じですが・・

英語のWikiを引用すると・・
引用開始------
An herbal tea, tisane, or ptisan is an herbal infusion made from anything other than the leaves of the tea bush (Camellia sinensis). The English word "tisane" originated from the Greek word πτισάνη (ptisanē), a drink made from pearl barley. Strictly speaking, the name 'herbal teas' is a misnomer, as they are not made with real tea (Camellia sinensis), but by infusing other plants. In many countries (but not in the United States) the use of the word tea is legally restricted to infusions of Camellia sinensis (the tea plant).

Herbal teas can be made with fresh or dried flowers, leaves, seeds or roots, generally by pouring boiling water over the plant parts and letting them steep for a few minutes. Seeds and roots can also be boiled on a stove. The tisane is then strained, sweetened if so desired, and served. Many companies produce herbal tea bags for such infusions.

On the other hand, flavoured teas are prepared by adding other plants to an actual tea (black, oolong, green, yellow, or white tea); for example, the popular Earl Grey tea is black tea with bergamot, jasmine tea is Chinese tea with jasmine flowers, and genmaicha is a Japanese green tea with toasted rice.
引用終わり・・

An herbal tea, tisane, or ptisanハーバルティー、あるいはティザン、ティザンとも。
たぶんギリシャ語ptisanからラテン語tisaneと変化したのでしょう。

おもしろいことに、末尾の方で・・On the other hand, flavoured teas are prepared by adding other plants to an actual tea (black, oolong, green, yellow, or white tea); for example, the popular Earl Grey tea is black tea with bergamot, jasmine tea is Chinese tea with jasmine flowers, and genmaicha is a Japanese green tea with toasted rice.
(薬湯的なハーブティーがある)一方で・・フレーバードティーには、いろんな茶葉にほかの物を加えて楽しむお茶もある・・みたいなくだりで。

アルグレーティやジャスミンティーに並んで、玄米茶も出ているところ。(太字強調の部分)

玄米茶もそういわれればハーブティーか(笑


あ、閑話休題。

今日のお茶は嬉野茶(釜炒茶)にミントを加えた中近東風のティザンです。
たっぷり砂糖をいれてきんと冷やして飲むと、ミントの香気とブドウ糖のはたらきで
眠気もとんで灰色の脳細胞がすっきりすること請け合いです。

トルコのチャイの容器で少なめの量でいただくとずっと冷たさが維持されていいですよ。
(カロリーも気になるしね)

レシピ・・

原液300CC分。

釜炒緑茶大さじ1

(国産の嬉野茶でも中国産の龍井でもお好みで、
普通の蒸した緑茶ではおいしくできないので注意)。

ドライミント小さじ1?2(お好みで)。

砂糖大さじ2?4(お好みで)。


暖めたPOTに茶葉とミントを入れて、5分以上熱湯を注いで蒸らす。

砂糖を入れた容器に、勢いよく注いで砂糖を溶かす。

5.6分おいてから(粉など不純物を沈殿させるため)、

あらかじめ冷凍庫に入れておいたガラスのPOTに

売っている氷をたっぷりいれて、そこにお茶を注ぐ・・

このときにお茶の粉などが入らないように注意すれば綺麗に仕上がります。

ごらんの通りに。



スポンサーサイト
2008-07-31 13:21 | 料理 | Comment(1) | Trackback(0)
Comment
玄米茶って英語でも玄米茶なんだねw
がー 2008/08/06(水) 06:39:21) 編集

コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://wolfhound.blog66.fc2.com/tb.php/156-a2d49bf3
06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。