スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
洋風の肉じゃが
img_cache_d_2784509_1_1290318342_jpg.jpg




Japanisches Rindfleisch mit Kartoffeln




肉じゃがは東郷平八郎元帥が英国留学中に食したビーフシチューを
元に、19世紀後半に海軍の軍艦で食べられる食事として考案されたもので、昭和30年代以降に急速に日本人の食卓に供せられるようになった。

現在では母親の料理として最も人気のある料理である。

【Nikujaga (jap. 肉じゃが; Niku = "Fleisch", Jaga = "Kartoffel") ist ein Gericht, welches der japanische Admiral Tōgō Heihachirō im späten 19. Jahrhundert von seinem Studium in Brittanien mitbrachte. Nach seiner Rückkehr kreiierte er eine japanische Version des Gerichtes und ließ es fortan aufgrund seiner Nahrhaftigkeit für die japanischen Marinesoldaten zubereiten. Heute ist es zu einem Gericht geworden, das hauptsächlich von Müttern für ihre Familien gekocht wird.】

などとドイツや英国のレシピサイトでも必ず登場する肉じゃがです。

でも、かつお風味の出汁が魚臭いと敬遠する人もいるので

今回は出汁を使わないレシピを考えてみました。

しかも超簡単に!

ほくほくの芋と、とろとろの牛肉と玉葱。
甘辛くてとても美味しいですよ。


4人分

じゃがいも4?7個 (一口大に切る)

玉ねぎ大1個(スライスする)

醤油100ml

ポートワイン100ml

砂糖50g?60g

牛肉バラ肉(細かく叩いて切るミンチ状に)


直径18cmで背の高い鍋(大きすぎるとうまくいかない)へ

スライスした玉ねぎ、砂糖、じゃがいも、肉の順に重ねて

上から醤油、ワイン を入れて中火で蓋をしたまま

芋が柔らかくなるまで、20分ほど煮たあと

蓋をとって煮汁が絡まるくらいに減って艶が出るまで煮詰めたら出来上がり。

トッピングに紫キャベツのピクルスを。


ポートワインを酒25mlみりん75mlにかえて、

ピクルスを紅しょうがにかえれば、純和風。




出汁や水を加えずに、玉ねぎの水分だけを使って煮るので
油で炒めたりしません。

なので、素材の味も際立っています。



*こんにゃく、にんじんを加える場合は

こんにゃく、にんじんは別々に下茹でしてください。

こんにゃくは下茹でして水気をきり、フライパンで軽く空煎りしておきます。

にんじんは柔らかくなる寸前まで塩ゆでしておきます。

その状態にして、最初から調理します。
スポンサーサイト
2010-11-19 18:47 | 料理 | Comment(0) | Trackback(0)
Comment
コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://wolfhound.blog66.fc2.com/tb.php/236-6368fbf7
08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。