スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
冶部煮
img_cache_d_2753424_1_1288454931_jpg.jpg
鶏の冶部煮

冶部煮に仕立ててみた。


鶏の腿か胸を薄くそぎ切りにして、軽く塩をふり
たっぷりの引いたばかりの粒黒胡椒をとコンスターチをまぶし
さっと熱湯にくぐらせて霜降りに。

ポワロネギなどの野菜は食べやすい大きさに切って、
グリルで焦げ目がつくまで中火の遠火で焼くと
じゅわっと甘みがしみ出すので、そこで火からおろしておく。

鍋に出汁みりん醤油を2:1:1で割ったものを煮立たせたら、
鶏を入れて火が通る直前に野菜を入れて味をなじませる。

器に持ったら、別にゆでた青菜を飾る。


とろっとしたとろみで、なかなか冷めない上に黒胡椒で体の芯から暖まる。



小鉢は白菜のゆず煮と行きたかったけど、ゆずはないのでキャベツのレモン煮。
出汁の中に切ったキャベツをいれ、レモンの輪切り5mmを一枚と
クローブのホール2粒を入れて柔らかくなるまで煮て仕上げに塩味を整える。


きりっと冷えたアウスレーゼクラスのモーゼルワインか
吟醸酒が 柔らかな鶏肉からジュワッと広がる旨みとネギや野菜の甘味の相乗効果で忘れられない味になること請け合い。



しいたけ しめじは『Shiitake-pilze』 『Shimeji-pilze』としてこちらでも
栽培されています。
スポンサーサイト
2010-12-18 20:23 | 料理 | Comment(0) | Trackback(0)
Comment
コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://wolfhound.blog66.fc2.com/tb.php/253-a2994b6a
08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。